2014年10月03日

ピンクリボン in 湯谷温泉 (serio)

湯谷温泉では、2013年から毎年10月1日を『湯谷温泉ピンクリボンの日』とし、
乳がん患者様とそのご家族・ご友人、ピンクリボンにご理解ある皆様にのみに
ご利用いただけるよう温泉全体を貸し切りにして
湯谷温泉旅館と様々なボランティアがコラボしています!
10/1serioスタッフも参加させてもらいました。
20140614.jpg

内容はヘッドスパ、、メイク、、ネイル、、エステ、、ハンドマッサージ
どのメニューもすごく好評で予約殺到でした!
いらっしゃる方は癌患者さんが多くウィッグを被っている方、
娘さんを乳がんで亡くした方・・・いろいろな方が見えました。

いつも人には話せないお話を僕たちにたくさん話して頂けて
少しでも僕たちの活動でリフレッシュしてもらえたらよかったんじゃないかと思いました星1
yuya2.jpgyuya1.jpg

僕もちょうど一週間前の今日
祖父を癌で亡くしました。なにも食べれず、足が僕の腕より細くなっていった祖父を今でも覚えてます。
だからこそ今日は強い意志を持って臨むことができました

病気をもった人は本当に苦しんでいます。
もっともっと他の方の助けを待ってるんだなと実感させてもらいました!
そして僕たちが悩んでいる事なんて病気で苦しんでいる人に比べたらちっぽけな事だなと思いました!
綺麗になって笑顔になった人の姿は本当に素敵ですね星1
美容を通じて今日多くの人の笑顔が見れて本当によかったです星1

SERIO MIAI 鈴木隆慈
yuya3.jpg
posted by suzuki at 18:30| Comment(0) | 日記

2014年09月30日

リボネット 今年最後のイベント 12月1日(月)決定いたしました。

リボネット 今年最後のイベントの詳細が決まりましたので
ご報告させて頂きます。
皆様のご参加、心よりお待ちしております。



◇ 2014年12月1日(月)18:00開演

18:30〜19:10 リボネット会員の皆様より 
        がんの患者様へのサポート体験をご報告頂きます。

19:30〜21:00 名城病院 赤澤貴洋先生 講演&コンサート 


会場:5/R Hall & Gallery 音楽ホール

http://www.five-r.jp/pages/common/access

今回、ご講演とコンサートをお願いしました
赤澤先生は、大変素敵な愛の溢れる先生です。

名城病院 腎臓内科の現役のお医者様で
年間600件もの手術を行いながら
患者様と向き合い、

そして、患者様との間での様々な気持ちや想いを
ハートフルホスピタル 医療系バンドとして
歌に乗せて、運んでおみえです。


是非、下記のYouTube、ご覧下さい。


◇赤澤先生 「ありがとう」
https://www.youtube.com/watch?v=pw4qr0hU4Q0

幸せの黄色い表彰状 イモトアヤコの番組で
赤澤先生が表彰された際の映像です↓

◇ ハートホスピタル
https://www.youtube.com/watch?v=TvXVzTE9yeM



Wikipedia ウィキペディアより
ハートフルホスピタルとは・・・

グループ結成者である赤澤貴洋は、

中学校 時代から楽器 を始め、

自分で作詞 作曲 を行うほどの音楽好きであった。


医師免許 取得後、内科 医として病院 へ勤務する中、

患者の苦痛を和らげる目的で

手術 時や治療時に患者の希望する音楽をかけて処置を行っていた。

術後の調査では、多くの患者から好意的な回答が得られていたという。

2007年 7月10日 、「医療系バンド」として、

1stCD「経過良好」をインディーズ レーベルよりリリース(全国流通)した。

医療の最前線に従事する現役医師としての経験から、

病院、医療現場で実際に起きた

日々の出来事をモチーフに楽曲を制作している


主な活動である病院や老人保健施設 での慰問ボランティア ライブの他、

ライブイベントへの参加も精力的に行い、

CDの流通販売収益は

臓器移植ネットワークなどの医療財団へ寄付している

リアルな医療現場での様々な出来事を通し、

医師として、一人の人間として感じた想いをストレートに伝えている。

普段なかなか伝えられない医療従事者側の想いや、

医療現場での闘病生活の中から生まれてくる

喜怒哀楽を含めた家族愛や絆を歌う。

内科医である赤澤の他、

メンバーも全員医療系従事者か医療系の資格を有している。
posted by suzuki at 05:16| Comment(0) | 日記

2014年08月23日

8月18日、「聴く力 寄り添う力」実践編のセミナーへご参加いただいた方のアンケート抜粋

リボネットセミナー
8月18日開催、心理カウンセラー奥園の
「聴く力・寄り添う力」実践編を開催させて頂きました。

◇ 参加された皆様からのアンケート結果をご報告させて頂きます。

たくさんのご意見や感想を頂き
ありがとうございました。

これからも、皆さんのお役に立つ
セミナーを開催していきたいと思います。

何卒よろしくお願いします。


@本日のセミナーいかがでしたでしょうか?

・初対面の人とセミナーをうけることで、どう関係が変わっていくかを感じました。

・すぐにでもサロンワークに活かせるお話が聞けたこと。

・これからの仕事に直接活かしていけることが良かった。

・相手の方にお話を聞くことは、本当に大事だと言うこと。

・聞くということの意味がよくわかった。

・まず自分の心の中で整理してゆきたいと思えたことです。

・普段のサロンワーク、スタッフとのコミュニケーションで、
 改善しようと思う点が多く見つかりました。

・「きく」技術がよくわかった。

・また新しい知識が増えてよかった。

・カウンセリングの時のお客様への対応の仕方がよくわかった。

・コミュニケーション
・感情移入しすぎてしまう性格の為、どのようにお客様と接したら良いか、少し分かりました。

・1回目の講演から、さらに深い話が聞けたので、大変良かったです。

・人の話を聞くことの意味の深さが分かったのですが、とっても難しいということ。

・「きく」ということが今まで自分本意だったのでは?思い返すことができます。

・傾聴!!自分ではまだ聞けていないと思い、明日から傾聴を心がけたいです。

・普段、学ぶことのない心理学を日常の中に落としこんでお話をして下さり、とても勉強に
なりました。

・聴く事の大切さ。

・前回1回目と同様、勉強になりました。明日からの仕事に使いたいと思います。

・聴くという事をあらためて深く考えることが、出来ました。

・ウィッグのお客様だけでなく自分のまわりの人に対しての接するときに役立つと思いました。

・普段のカウンセリングで見直すところがみつかった。

・実践的な勉強ができて、良かったです。

・聴くことの大切さが分かりました。

・3回とも参加しています。でも3回すべて同じではなく、その回ごとに学ぶことが違い、今回も来て良かったと感じます。

・聴くことの意味。

・聴くことの大切さが分かった。

・分かっていたつもりだったが、全く出来ていない自分がいました。それを理解できた事が良かったです。

・初めて受講させて頂きました。ガンの患者様だけでなく、たくさんの方に実践できる技術を教えて頂いた気がします。


A 今回のセミナーで一番印象に残っていることはどんな内容ですか?

・3つほめることでコンプレックスが1つできること。

・自分本意な話のきき方と相手本意な話のきき方の違い。

・「きく」という種類にはいくつもあり、どれをすることが良いのかが分かれたこと。

・相手の身になってお話をする大事なこと。

・自分本意のきき方でなく相手本意できくという事。

・目を見て会話をすること感情移入してしまう事への注意。

・「きく」ということ、相手本意で聴く。

・「きく」が自己本意であってはならないこと。

・心の中の愛情袋の話。

・「きく」にもいろいろあって、「聴く」ことが、特に大切だと思った。

・聴く。

・カウンセリングの大切さ。

・相手の目を見ない(笑)。冷静な自分を作るという事、訓練したいと思いました。

・愛情袋のお話は、なるほど!!と思いました。普段の生活でも、プラスをたくさん入れてあげられ、マイナスを出してあげられる人になりたいです。

・人の悩みが、どこにあるか。愛情袋。

・聴いてくれる人がいる!!ってことがどれだけ大切かって事。

・聴くこと、アドバイスでなく、ただただ聴くこと、このことの大事さ。

・3つの「きく」の違いをその場で体験したことで、より深く理解できました。

・第1印象の秘訣、1コミュニケーションのとり方

・3つの聴・ask・hear・listenが心に残りました。

・相手本意に聴くことの大切さ。

・少し「きく」ことを意識することで、相手も変わるんだなと思いました。

・解決するのではなく、聴くことでリラックスさせることが目的だということ。

・−を吐き出すことで、+がふえるという言葉。

・「人は、一人でも自分の気持ちがわかってくれる人がいることが生きる力になる」そういう人になるべくなりたい。

・「ガンを通して学ぶ」という言葉。

・3つのきく。

・3つのきく。心の中(袋)。

・心の袋の話がとても共感できました。


B 今まで、がん患者様のサポートをされたことは、ありますか?ある方は、どのような状況でしたか?

・ウィッグのご相談。

・wigをあつかっているサロンなので少し。お話をきいたり、今後のヘアケアや頭皮のケアについてのお話をさせてもらったり。個人的にはない。。。

・ただ、ただ、ウィッグをつくるだけでしかなかった。

・あります。私自身、元気よくお話をすること、かえってお客様に不安をあたえていたことが、わかりました。

・あります。髪を失うことに対してとても心配されていました。

・次の日になくなった方から、延命され家族との時間をもらわれた方など数百人以上になります。20代〜90代まで。

・がん患者様のだんな様からの電話2回ほどのみ。

・うまくサポートできていませんが、母です。

・ウィッグをはずしたいという所だったので髪の毛がずいぶんのびた状況でした。

・2回目の抗がん剤を受けられる方でした。娘さんとご来店され、ご家族に支えられいて落ち着けているのかなと感じられる方でした。

・あります。病院からの紹介。

・メディカルウィッグの相談。

・自分の親がガンになり、リアルにこの講習の大切さがわかったが、実際まだどうしていいか不安。

・伸びかけの状態を「目立たないように」のオーダーでカットした。

・家族で、末期。

・「あります」のみの回答 2名

・「ありません」のみの回答 8名


C 現在のリボネットの活動や参加された勉強会について、
  ご意見・改善点などございましたら、ご記入下さい。

・これからも、このような機会があれば、参加したいです。

・「沈黙」の難しさ、どんな表情・態度で沈黙?

・いつも勉強になってます!

・大変勉強になりました。(聴く大事さ)

・とても分かりやすく聞けました。

・いつ次の講習会があるだろう?と思いながらHP見てます。

・いつもすごく勉強になります。サロンで明日からしてみようと思います。

・会員同志でのコミュニケーションがとれるように、横のつながり。

・いつも大変勉強になります。

・初めての参加、また勉強したいです。

・3回参加させていただきましたが、全てにおいて素晴らしい内容です。継続して頂きたいです。

・とても分かりやすく、このまま続けていただければ・・・と思います。


D 今後、リボネットの勉強会の中で、参加したいと思われるセミナーの内容はどんなものですか?

・今日のようなカウンセリングセミナーはまた受けたいと思う。

・カウンセリングの仕方。

・カウンセリングセミナー。

・実践でやってみえる方の意見、すすめ方。

・奥園先生の心理学。

・勉強不足がありますのでもっと知識をえたいのでこれからも参加したいです。

・カウンセリング講習をもっと受けたいです。サポート体験など具体的な、体験談も聞きたいです。

・基礎知識が不足しているので、基礎知識を学びカウンセリングできたらと思います。

・出来る限り全て参加させて頂きたいです。

・技術的な講習会も開催されると嬉しいです。

・カウンセリング・技術etc.

・乳がんの病院の先生の現在の乳がんの治療について。

・カウンセリングの勉強はもっと深く勉強したいなと思いました。

・カウンセリング。

・昨年、ウィッグをさわる事が出来なかったので、
(勉強会に参加できなかった)また機会をつくっていただきたい。

・また、基本から学ばせていただきます。


F その他、ご質問などありましたらご自由にご記入下さい。

・楽しかったです。ありがとうございます。

・愛知の病院にリーフレットを置いたと申されましが、病院名を教えて欲しい。
(問い合わせの時にスムーズに対応できる為)

・このセミナーに参加することによって、
私も力(パワー)をもらうことができました。ありがとうございました。

・このような場をありがとうございました。
posted by suzuki at 14:51| Comment(0) | 日記